MSR Intern Beijing(滞在中)のご紹介(第50回)

Microsoft Research経験者のご紹介。記念すべき第50回は、北京のラボに滞在している、慶應義塾大学の篠塚祐紀子さんです。篠塚さんは現在慶應義塾大学の大学院理工学研究科の修士課程に在籍され、斎藤英雄先生の研究室で3次元物体トラッキングに関する研究を行っている方です。

shinozuka

・所属、学年、研究室

慶應義塾大学 大学院理工学研究科 開放環境科学専攻 修士2年 斎藤英雄研究室(画像処理)

 

・修士論文・博士論文のテーマ

視点生成型学習を用いた三次元物体トラッキング

 

・インターンに来たきっかけ、目的

修士1年の夏に、Microsoft Development(日本)でインターンをしていました。その際に、公野さんにお会いし、MSRのインターン生を探していると耳にしたので挑戦してみようと思いました。

Microsoftでのインターンは、とても大変で苦労することも多いですが、やりがいがありました。そのような機会がもう一度あるのならば、ぜひ修行してこようと思いました。また、研究室からもMSRへインターンをしたことのある先輩がおり、学生のうちに海外で研究したいと機会をうかがっていたところに転がってきたチャンスでした。

 

・MSRと大学の研究室と異なるところ

研究室生活では、研究室以外の人とディスカッションは、学会発表や研究室訪問など限られた場所でしか行えません。しかし、こちらでは、新しい環境で、インターン生、社員の方関係なく、ディスカッション好きな方と、ディスカッションできるので面白いです。

また、チーム作業をすることもあり、複数人での共同作業の難しさを感じます。計画を練ったり、密に話したり、しっかり連携が取れていないとうまくいかないなーと常々感じています。

 

・MSRに来てよかったこと、刺激をうけたこと

世界のトップコンフレンスに出している方、色々な研究所を渡り歩いてきた方、phDの学生が多くいるため、自分も遅れをとらないように頑張らないとと思えることがいいと思います。そんな方たちが、親身になって研究の相談に乗ってくださるので、大変ですが楽しいです。

 

・MSRのここはちょっといただけないというところ

社内の食が充実して欲しいなと思います。3時のおやつとして、フルーツが共有スペースに出るのですが、MSRAの階層分のうち、とある1階層だけすぐにオヤツがなくなってしまうので、悲しくなります。

 

・北京での生活について

喘息もちなので大気汚染を心配していましたが、マスクとアイボンを愛用して健康的に過ごしています!

着いて早々、洗濯機の排水処理による洪水という中国の洗礼を受けましたが、それを楽しんでこその海外生活だと思います。中国って、本当に面白い国です。“大変さ“よりも、ネタの宝庫で毎日飽きないです。逆に日本帰った時の逆カルチャーショックが辛いと思います。

食事についてですが、私はまだ中国語をあまり話せないので、レストランでは指さし注文ですが、ご飯は非常に美味しいです。(逆に、太りそうです!)

 

・インターンに行こうか迷っている人に対して一言

悩むぐらいでしたら、行動に起こしてみるべきだと思います。行ってしまえば、悩みなんていい意味でも悪い意味でも吹き飛びます。

 

・その他なんでも

全身ユニクロ装備で生活していると、どうしても中国人にしか見えないようです。先日、MSの設備の人に中国語で話しかけられて困ってる姿を、周りの中国インターンの友達がニタニタ笑いながら助けてくれました。

 

(篠塚さんは昨夏Microsoft Development(日本のエンジニアリングチーム)のインターンも経験されていますので、Microsoft Researchでのインターンの違いを追記してくれました)

 

・MSDでのインターンとMSRのインターンについて

MSDでのインターンは製品ベースでプロジェクトが進みます。解と解法がある程度定まった問題(Feasibilityがある問題)に対して、手段を定め、形にしていくことを経験しました。Usability, stabilityなど、ユーザの視点に立って考えることが重視されます。

MSRは、製品になる前の基礎段階、試行錯誤をする、解もその解法も定まらないところに、解と解法を見つけに行くところかなと思います。

(まだ、研究も開発も、何たるかわからない未熟者ですが・・・)

MSでは、研究と開発が密に連携しているプロジェクトもあります。製品や要素技術について、開発・研究それぞれの立場で当事者として考えることができました。今後の開発・研究の糧になったと思います。

MSDでPMとしてインターンをしていたため、プロジェクトの進め方(e.x.ソフトウェア開発プロセス)を経験していたことは役に立ちました。共同で作業する難しさ、人に伝えるときにどう説明すれば納得してもらえるか、など、コミュニケーションについてはどちらのインターンをしていても考えさせられます。

また、MSではPCのセットアップやシステム、業界用語など慣れないことが多くあります。MSDで一度そのプロセスを経験したおかげで、MSRでインターンをスムーズにスタートすることができました。

 

篠塚さん、ありがとうございました。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中