Microsoft Research Asia Fellowship Program FAQ

先日お伝えした通り、Microsoft Research Asia Fellwoship Programが公募中です。このプログラムのメリットについては、2012年の受賞者の加藤淳さん(産総研)が「Microsoft Research Asia Fellowship応募のすすめ」という素晴らしい文章を書いてくれています。応募しようかなと思っている方は是非一読していただきたいと思います。

公募開始後、いくつか質問をうけましたので、その回答とともにFAQとして共有しておきたいと思います。ご参考ください。

 

1)応募資格について

Q: 2012年10月に入学し現在D2です。私は応募資格がありますか?

A: 2013年以降に、博士後期課程に入学した方が対象となります。残念ながら対象外となります。

 

2)Application Formの送付について

Q:募集要項に以下のように記述されてますが、このapplication formは指導教員から送っていいですか?あるいは、学校の国際センターとかでしょうか?
Complete the application form and submit it to your academic institution. The institution must submit the candidates’ completed application form by email to fellowRA@microsoft.com before the submission deadline of June 20, 2014.

A:日本からの応募者の方は、ご自身からお送りいただいて結構です。

 

3)成績証明書について

Q: 4月に入学したはD1です。成績証明書は学部と修士の時のものを持っていますが、提出するべきはどの成績証明書になりますか。

A: 成績証明書は修士・博士課程のものとなります。D2の方の場合は博士課程のみでも結構です。4月に入学したD1の方の場合は、博士課程のものがないケースが多いと思いますので、修士のときの成績証明書をご提出ください。学部の成績証明書は必須ではありませんが、アピールポイントになると考えるのであればサブミットしていただいて結構です。

 

4)賞金の使途について

Q:  賞金の用途は広く研究用途と記載あるのですが,これは具体的に規定があるのでしょうか?

A: 賞金は奨学寄付金として指導教官の方の管理口座に支払います。寄附金として支出可能な項目であれば使い道は自由です。具体的な支出に関しては指導教官の方とご相談ください。

 

以上、ご参考ください。

  1. 2015年 6月 5日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中