第2回 Kinect for Windows Workshop

Microsoft Kinect for Windows Workshop

明日2月28日(木)18時より、日本科学未来館で、第2回Kinect for Windows Workshopを行います。

昨年行った第1回のワークショップでは、KinectのMicrosoftオフィシャルのSDKである、「Kinect for Windows software development kit」のリリースに合わせて、SDKの機能紹介および技術的な解説を行いました。また、東京大学で行われたKinectによるインタラクティブなアプリケーションプログラミングの授業紹介、Kinectに採用されているMicrosoft Researchで行われてきたコンピュータビジョンの基礎研究や、新しいユーザインターフェースの研究を紹介しました。また、HCIの分野で第一線の研究をされている研究者の方々に、「ナチュラルユーザーインターフェースの未来」と題してパネルディスカッションを行っていただきました。

今年行う第2回のワークショップでは、「Kinect’ing Your Life」をテーマに、Kinectでの産業界での活用事例の紹介、ナチュラルユーザーインターフェースの可能性を広げる大学における基礎研究、およびMicrosoft Researchでの最新の研究事例などを紹介いたします。また学生の方によるKinect の活用プロジェクトのデモを行います。Kinectの活用の実世界での広がり、コンピュータビジョンの基礎研究のからのイノベーションなど、ユーザインターフェースの研究は新たなフェーズに入りつつあることが感じられる内容になっています。以下、最新のアジェンダをお知らせします。会場はまだ若干の猶予がありますので、ご参加を希望される方は事前に当該サイトよりお申し込みをお願いします。

 

日程     2013 年 2 月 28 日 (木) 18:00~21:00

場所     日本科学未来館 1F オリエンテーションルーム
            〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

プログラム

18:00 – 18:30
      「Kinect for Windows SDK」の最新版の情報および実例紹介
       千葉慎二(日本マイクロソフト株式会社)

18:30 – 19:10
       新たな UI につながるコンピュータービジョンのテクノロジー―視覚的顕著性と視線推定
       佐藤洋一 教授(東京大学 生産技術研究所)

19:10 – 19:50
       Microsoft Researchにおける HCI 関連の研究について
       矢谷 浩司(Microsoft Research Asia)

       HCI Remixed: What’s Next for the User Interface? (via Video conference)
       Otmar Hillliges (Microsoft Resreach Cambridge)

20:00 – 21:00     Student Kinect Demo Session

       触覚呈示を備えた没入型エアギターシステム
       岩谷 亮明(香川大学 工学部)

       Picode: ソースコードに写真を貼り込める統合開発環境
       加藤 淳 (東京大学 大学院情報理工学系研究科)     

       ClayMore: 粘土を用いた造形の支援
       若園 祐作(東京大学 大学院学際情報学府)

 

講演者

chiba

「Kinect for Windows SDK」の最新版の情報および実例紹介

  千葉慎二(日本マイクロソフト株式会社)

 

 

 

 

概要
Kinect for WindowsセンサーとSDKがリリースされてちょうど1年が経過しました。現在までマイクロソフトと接触したパートナー様のうちKinectを利用したおよそ150ものプロジェクトが日本で進行しています。そして最近では様々なビジネスシーンにおける実際の活用事例も報告されるようになってきました。本発表では具体化されたいくつかの取り組みとKinectがもたらす新たな可能性について紹介します。

略歴
1972 年生まれ。岡山県出身。マイクロソフトで組み込みWindows OSの開発に従事した後,Xboxの立ち上げメンバーとなる。専門はCPUとオーディオ。初代XboxとXbox 360のアプリケーション開発および技術サポートを経て,現在はKinectなどマイクロソフトの最新テクノロジー製品を啓蒙するエバンジェリスト兼ソフトウェアデベロップメントエンジニアとして活躍中。

 

11_sato

  新たな UI につながるコンピュータービジョンのテクノロジー

   ―視覚的顕著性と視線推定

 佐藤洋一 教授(東京大学 生産技術研究所)

 

 

 

 

概要

人と調和する情報環境を実現するためには,人の視覚的注意が何に向けられているのかを踏まえた上で適切な支援を実現することが必要となります。本発表では,人の視覚的注意と密接に関係する注視に関して,視線の引付けやすさを表現する視覚的顕著性モデルの高度化に向けた最近の取り組みと、視覚的顕著性のみを手掛かりとし明示的な校正を必要としない視線推定のアプローチについて紹介します。

略歴

1990年東大工学部機械工学科卒業.1997年CMU Ph.D Program in Robotics修了. 東京大学生産技術研究所研究機関研究員,講師,助教授,同大学大学院情報学環准教授を経て,2010年より同大学生産技術研究所教授.コンピュータビジョン,パターン認識,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションに関する研究に従事.平成22年日本学術振興会賞,平成21年,平成20年及び平成18年電子情報通信学会論文賞,平成22年情報処理学会50周年記念論文賞,平成11年日本VR学会論文賞,ACC2010 Sang Uk Lee Award, ICPR2008 Best Industry Related Award等を受賞.

me

  Microsoft Researchにおける HCI 関連の研究について

  矢谷 浩司(Microsoft Research Asia)

 

 

 

 

略歴

2011年よりMicrosoft Research AsiaのHuman-Computer Interaction GroupにてAssociate Researcherとして勤務。2003年、2005年に東京大学よりそれぞれ学士号(工学)、 修士号(科学)を、2011年にトロント大学において博士号を取得。2003年10月から2005年3月まで、ドコモ奨学金受賞者。2005年4月から2006年3月まで、独立行政法人日本学術振興会特別研究員(DC1)を務める。ヒューマンコンピュータインタラクションを主な研究分野とし、特に、モバイルデバイス、及びユビキタスコンピューティング環境における、インタラクション技術の開発や評価と、質的研究手法を用いたユーザと現在のインタフェースの課題の理解に従事。

 

me

  HCI Remixed: What’s Next for the User Interface?
    via Video conference

  Otmar Hillliges (Microsoft Resreach Cambridge)

 

 

Abstract

We are in the midst of a new wave of Human Computer Interaction (HCI). Multi-touch and gesture-based interfaces have become as ubiquitous as the traditional keyboard and mouse. Nowadays users are as likely to own a touch-enabled device as they are to interact with a desktop computer. But what next does the future hold in terms of user interfaces?

In this talk, I demonstrate the design, implementation and study of interactive systems that unpack this overarching question. The main theme of my research is around bringing more of the physicality of the real world into the digital domain. In particular, I highlight how with the emergence of new input sensing technologies, such as Kinect, we can push the boundaries in sensing and understanding the user, and create experiences that are radically new.

The focus of my talk will be on systems that combine depth sensing technologies and emerging display technologies to allow users to directly interact with 3D graphics in a natural fashion. I want to highlight new challenges and research opportunities in this endeavour of narrowing the gap between the physical and the digital world. I highlight how ultimately to solve these grander research challenges, HCI needs to broaden its horizons and reach out to domains such as computer vision, graphics and ubiquitous computing, but always have in our minds applications of technologies as well as the user.

 

Bio

Otmar Hilliges is an Assistant Professor at ETH Zurich, Switzerland where he heads-up the InteractiveTechnologies Lab. His research focuses on the intersection of input-sensing technologies, display technologies, computer graphics, and human computer interaction. In his research he aims to combine emerging input and output technologies in interesting and novel ways to create and study the next generation of non-traditional user interface technologies. In particular he is interested in multi-touch, physical and tactile input, 3D and augmented reality (AR) technologies and applications.

Before joining ETH he was at Microsoft Research Cambridge first as Post-Doc (2010-2012) and later as Researcher (2012-2013). Otmar received his PhD (Summa cum Laude) from the University of Munich (LMU), Germany in 2009 and his Masters (Summa cum Laude) from Technical University Munich (TUM), Germany in 2004. He has co-authored more than 50 journal and peer reviewed conference papers, 2 book chapters and more than 20 patents. His work has been awarded with best paper awards at ACM UIST, ACM CSCW, Pervasive. He has regularly serves on various conference committees.

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中