MSR Intern Beijing(滞在中)のご紹介(第35回)

Microsoft Research滞在者のご紹介。第35回は、北京のラボに滞在中、神戸大学の宮西大樹さんです。宮西さんは神戸大学からのMSRインターン第1号です。情報検索の研究をされています。(写真は研究と関係ありません)

 

IMG_1013

 

*所属、学年、研究室

神戸大学 システム情報学研究科 博士後期課程2年 上原研究室に所属しております.

 

*博士(修士)論文のテーマ

時間情報を考慮した情報検索について研究しています.特にマイクロブログ(Twitter)の検索を専門としています.マイクロブログには,人々が関心をもつような出来事が実社会で起こると,その話題に関するたくさんのメッセージが投稿されるという面白い性質があります.この性質を用いることで,いつどのようなことが注目されていたかをWebを通して簡単に検索できるようにすることが私の研究目標です.例えば,マイクロブログ上で政治,スポーツ,災害に関する話題が盛り上がった時間帯でWeb検索の絞込みを行えば,同じような話題が後々注目されても,最新の情報と過去の情報を区別して検索できるようになります.このようにマイクロブログ検索は最新の情報を知るためだけでなく,過去に起きた出来事を知るための有用な技術になるのではないかと考えています

 

*インターンに来たきっかけ、目的

以前から現在のメンターである酒井さんのことはWeb上で知っており,あまり日本人のプレゼンスが高くない情報検索の分野の中で,酒井さんとその門下生が難関会議にバシバシ通されている活躍を見て,拙者もこの波に乗らないかんぜよ,との思いで酒井さんに直接CVを送りました.その前にも,MSRAのリサーチャーである荒瀬由紀さんが大阪大学で開かれたMSRAのインターンに関するトークに参加し,研究所の内情を直接聞いてMSRAでの研究インターンに興味を覚えたのがきっかけです.インターンの目的は,自分の目標としている会議に論文を通すこと,またその方法について学ぶことです.幸いなことに私の周りには頼れる研究者の方がたくさんいるので,目的を達成できるかどうかは私の頑張り次第です.

 

*インターンでの研究テーマ、目標としている会議など

通常の検索エンジンでは,ユーザの検索を支援するため,元の検索キーワードの代わりになるようなキーワードをユーザに提示するクエリ推薦がよく行われます.例えば,「Microsoft intern」とBingで検索すると,検索結果の横っちょに「Microsoft Summer Internship」や「Microsoft Intern Benefits」と出てくる機能です.私は,この推薦されたクエリの候補に対して,クエリが注目された時間を付与してあげることで,クエリ推薦を時間的に構造化し,特定の時間に作成・更新された情報にアクセスし易くするということをやっています.目指すは「あのときのあれの検索」です.目標としている会議は,情報検索の国際会議SIGIRです.

 

*MSRと大学の研究室と異なるところ

一番の違いはデータだと思います.私の専門とする情報検索の分野では,検索エンジンから収集した検索ログがユーザの検索要求を如実に表すことから非常に重要となります.また,Microsoft内には大量の検索ログを処理するための計算環境も整っているので,これらの点に関しては,大学の研究室とは雲泥の差だと思います.検索ログは検索エンジンを運営する会社でしか取り扱うことができないので,学生の間にこのような貴重なデータを自由に扱うことができるのは企業インターンシップの強みだと思います.

また,研究について相談・議論できる回数や,最新の研究情報を知ることができるのも研究室と異なる点だと思います.現在,私のミーティングは1日に1回あり,私の準備が整っていれば,いつもメンターの方から的確なアドバイス頂け,論文を完成させるまでの方向性を指導していただけます.また,メンターの方からMicrosoft内のつながりを通して自身に関連のある研究情報をいち早く教えていただけるのも大変有難いです.

 

*MSRに来てよかったこと、刺激をうけたこと

周りにできる人が多いので,モチベーションを高く保てることが非常に良いと思います.席近くの中国人とご飯を食べにいって話をしたとき,MSRAにインターンとして来ているその人の同級生(学部4年生)の論文がKDDというデータマイニング系の難関会議に採択された話を聞き,これは負けてられへんなという気持ちと同時に,Microsoftと中国の教育機関の連携が生み出した教育システムに感心しました.他のインターンの方も指摘しているように,中国の学生にとってはMSRA内での成果が一流大学への切符になっています.中国の学生の優秀さと向上心,それを受け止めさらに上に促すシステムが見事につながっているように思います.私の勝手な意見ですが,この教育システムの肝は,若者を積極的に成功へ導くことだと考えられます.このようなシステムをいかに設計していくかについても今後私になりに考えていきたいです.と,その前に自分の研究を頑張ります.

 

*MSRのここはちょっといただけないというところ

食堂の白米があまりいけていません.

 

*北京での生活について

こちらのアパートは2人部屋ですが,日本で住んでいるアパートよりこちらのアパートの方が綺麗です.ルームメイトもとても親切な方で,生活は快適です.食べ物に関しては日本にいるときより良いもの食べている気がします.さらに,美味しい店の北京ダックは美味しいです.

 

*インターンに行こうか迷っている人に対して一言

研究をしている人が研究の環境を変えることは視野を広げる上で重要だと思います.またMSRAに来ることで著名な方たちに指導やアドバイス,コメントをいただけるのは非常に有益です.研究に対する考え方や見方が変わると思います.指導教官の許しが貰えるようなら,どんどん研究インターンに行っても良いと思います.また,私のメンターの酒井さんは懐の深いナイスガイなので,情報検索に興味のある人はぜひアプライしましょう.

 

*その他なんでも

これまで無難なことしか書いてきませんでしたが,このセクションに関しては,多少危険なことを書いても公野さんが某国のグレート・ファイアウォール並に検閲してくれるはずなので,北京で私の身の回りに起きたちょっとした事件について書いていきたいと思います.題して「デンジャラス北京」です.

(この文章は削除されました)

おわり

宮西さん、ありがとうございました!

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中