MSR Intern Beijing(経験者)のご紹介(第28回)

Microsoft Research経験者のご紹介。第28回は、北京のラボに昨日まで滞在されていた、東京大学の秋葉拓哉さんです。秋葉さんは非常にプログラミング能力が高い方で、TopCoderというプログラミングコンテストでも活躍され、このような本も書かれている凄腕コーダーです。今後のご活躍を期待します。

akiba

 

・所属、学年、研究室

東京大学情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻
修士課程 1 年
今井研究室

 

・修士論文のテーマ

まだ決めていませんが,学士論文に引き続き,データベース・情報検索・データマイニング等に応用を持つようなプラクティカルなアルゴリズムやデータ構造の研究がしたいと考えています.

 

・インターンに来たきっかけ、目的

まず 1 つとして,とても大きな存在感を持つ研究機関である MSR(A) に昔から純粋に興味を持っていました.また,去年までにソフトウェアエンジニアのインターンシップをいくつかの他の会社で経験しており,今年もインターンに行くなら一味違う経験を積みたいなと思っていたのもあります.さらに,大学とは違う企業の研究機関というのがどういった所であるかというのを知り,博士課程へ進学するか否かや将来目指す方向性などを考える参考にしたいとも考えました.

 

・インターンでの研究テーマ、目標としている会議など

Sempute・Needleseek というプロジェクトに関連し,日本語の単語間の上位下位関係を大規模 Web コーパスから抽出することとその精度向上に取り組んでいました.(編集注:メンターは酒井哲也)

情報基礎とアクセス技術研究発表会に論文を提出しました.

 

・MSR と大学の研究室と異なるところ

1 つとしては,大きめなプロジェクトがあることが言えると思います.チームが,実現したい大きめの目標を持っており,それに向いた研究が何本か走っているというのは,わくわくします.

あとは,リサーチャもインターン生も皆ちゃんと毎日きて毎日やることだと思います.大学でも理論的には自分一人ならやろうと思えばできることですが,やはり給料をもらっている分,よりちゃんとやるようですし,周りもそうしているのが更にやる気を促進します.

一方で,MSRA はインターン生の数が非常に多く,大学に似ている面も多いと思います.

 

・MSRに来てよかったこと、刺激をうけたこと

純粋に居る人達のレベルやモチベーションがとても高いということを一番に感じました.例えば,セミナー等で学生が話す際,昨年度にトップカンファレンスで発表したものだ,ということがよくあります.

また,まだ実績をあまり持たないような若い学生に関しても,高い学習意欲を感じ,刺激をうけます.かなりの中国人の学生がアメリカへの留学を検討していますし,それのせいもあってかみな英語も上手です.

 

・MSRのここはちょっといただけないというところ

Microsoft という大きな企業の研究所であるという点は,強みにもなっていますが,弱みにも少なからずなっているということがわかりました.例えば,会社が抱え得る法律関係の問題は,我々の行動も強く制限します.

また,その点とも関連していますが,基本的に Microsoft 製品の使用が前提になっています.普段,プログラムを機能ごとに分け,スクリプト等で連携させて実験を行う自分にとって,コマンドラインシェルやスクリプティング環境の極めて貧弱な Windows で実験を行うのは,かなり骨が折れました.でも Visual Studio と C# はそこそこ気に入りました.

 

・北京での生活について

細かいところには不満もなくはないですが,少なくとも,生活を成り立たせるのは,想像していたより遥かに簡単でした.宿のすぐそばにセブンイレブンがあり,ちょっと行けばウォルマートがあり,オフィスの近くにも同様のとても大きなスーパーがあるので,結構便利です.あとオフィスの近くに「ほっともっと」があり素晴らしいです.

あと,僕は辛い食べ物が好きなので,一部の食事は非常に良かったです.

 

・インターンに行こうか迷っている人に対して一言

他の場所ではしにくい,色々な面で貴重な体験ができます.余裕があるのなら,挑戦してみる価値は高いと思います.

 

・その他なんでも

中国語講座をします.中国語を勉強するつもりがなかった僕に自然に身についた言葉なので,極めて重要性が高いと思われます.

【初級編】
フーュエン:店員 (呼びます)
メイヨー:無い (メニューにあるのに頼めないメニューが多く,よく言われる)
マイダン:会計 (テーブル会計が普通です)

【上級編】
ミーファン:白米 (何故かメニューに無い事が多い)
ツァイダン:メニュー (追加で物を頼みたくなった時に)
チェガ:これ (メニューを指差す時に言うと格好いい)

秋葉さん、ありがとうございました。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中