MSR Intern Beijing(滞在中)のご紹介(第19回)

Microsoft Researchインターンのご紹介。第19回は、北京のラボに滞在中、東京大学の花岡洋輝さん(相澤研究室)です。

——————————————————————————–
・所属、学年、研究室

東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 博士課程2年 相澤研究室(相澤彰子教授)

昨年度は辻井研究室(辻井潤一教授)に所属していました.

——————————————————————————–
・博士論文のテーマ

自然言語の構文・意味構造を計算機で解析するための技術と,それを利用したアプリケーションに幅広く興味があります.今のところ色々な言語の構文解析器を効率的に開発する手法を研究したいと考えています.

——————————————————————————–
・インターンに来たきっかけ、目的

東京大学の松崎拓也先生が第7回COREプロジェクトに参加されることになり,「MSRAのインターンに行かないか」と誘って下さったのが最初のきっかけでした.そのときは「行かせてもらえるなら行きたいけど,業績もないしどうせインタビューにも通らないだろう」くらいに思っていて,あまり強く意識することはなかったのですが,その後,辻井潤一先生がMSRAの研究者としてご活躍されることとなり,また松崎先生の代理としてCOREプロジェクトのワークショップに参加させて頂いたりと,少しずつMSRAとの接点が生まれ,最終的には辻井先生のご厚意でインターンに来させて頂き,現在に至ります.

こんなこと書いて良いのか分かりませんが,他のインターンの方々と比べると,私は高い目的意識を持って来た訳ではありません.研究者の方々や他のインターンと接して人脈を広げ,また彼らから研究スタイルを学ぶ,という目的もありましたが,集中して研究できる環境を手に入れること,研究環境を一新して気持ちを切り替えることが一番の目的だったと思います.

——————————————————————————–
・インターンでの研究テーマ、目標としている会議など

私の場合はMicrosoftのプロダクトと直接には関係のないことをテーマにさせて頂いています.最初は「せっかくMSRAにいるのだからここでしかできないことを」と思って「ここにしかないデータを使いたい,システムに関わりたい」と考えていたのですが,「MSRAで辻井先生と研究をすること自体ここでしかできないことだ」とも思い,結局自分のよく知る分野,研究の議論をし易い分野でテーマを設定しました.

自然言語を計算機で解析する際,言語の持つ曖昧さがしばしば問題になります.たとえば「黒い瞳の大きな女の子」を考えましょう.あなたの頭に浮かんだのはどんな女の子でしょうか?「黒くて大きな瞳」を持った女の子?「黒い瞳」を持った身体が大きな女の子?「大きな瞳」を持った色黒の女の子?そういった特徴を持った女性のお子さん,という可能性もありますね.これらはいずれも正しい解釈(文法的な解釈)ですが,ひとつ正解を決めるとすればどれでしょうか.ここでは,より多くの人が思い浮かべるであろう解釈をとりあえず正解だと思うことにします.
もう少し分かりやすい例を使いましょう.”Time flies like an arrow”という諺があります.「光陰矢の如し」です.文法的には「時蝿という名前の蝿は矢が好きだ」とか「矢のような蝿の飛行時間を計測しろ」という解釈もあり得ますが,ほとんどの人は諺の通りに解釈するはずです.つまり「光陰矢の如し」という解釈が正解です.計算機でこのような正解を出力するには,あらかじめ文と解釈がセットにされた言語資源が有効になります.
前置きが長くなってしまいましたが,私はこのような言語資源を効率的に開発する手法をインターンでの研究テーマにしています.

インターン期間が短めなのが厳しいところですが,とにかく国際会議に一本論文を書くことが自分の中では目標になっています.時期が丁度良いのと,目標は高く持つべき,ということで今のところEACL-2012という国際会議を具体的な目標に設定しています.

——————————————————————————–
・MSRと大学の研究室と異なるところ

それほど大きく違うという印象はありません.一番の違いは計算機環境だと思います.大学ではプログラミングや実験にはUNIXを使うことが多かったのですが,こちらではWindowsです.そのうち慣れるのだとは思いますが,私は研究テーマの策定に時間をかけてしまい「本格的な利用はこれから」という段階なのでまだまだ戸惑うことが多いです.

また規則正しい生活をする人が比較的多いかもしれません.週一くらいのペースでオフィスに泊まっていますが,夜中には私の周辺区画からはほとんど人がいなくなります.代わりに休日に来る人もそこそこいます.

——————————————————————————–
・MSRに来てよかったこと、刺激をうけたこと

これは一般的に言えることではないと思いますが,辻井先生のような方とほぼ一週間に一度のペースでミーティングできることを挙げたいです.もともと大学の研究室でお世話になっていた頃は,先生もお忙しく学生も多かったので,数ヶ月に一回程度しか正式にお話させて頂く機会はなかったのですが,こちらに来てからは高頻度で,しかも長時間お話させて頂けるので,これだけでも来てよかったと思えることです.もちろん,他の日本人インターンの皆さんも挙げているように,優秀な人たちと実際に会えるのも素晴らしいことです.私は英語が苦手なので,ほとんどまだ日本語のできる人としか話せていませんが,研究者はもちろん,インターンも優秀な人が多く,良い刺激になります.

また私は3ヶ月のインターンなのですが,インターン期間の終わりが近くに見えていて残り時間を意識せざるを得ないために「なんとか結果を出さなければ」という焦りが生まれ,怠慢な自分には良いプレッシャーになります.

——————————————————————————–
・MSRのここはちょっといただけないというところ

冷房が強すぎて寒いところ.最初の週に大した準備もせずオフィスに泊まり風邪をひきました.夏でも長袖必須です.

それとこれはいただけないというか,私が人見知りなだけですが,所属するグループによっては正式なミーティングがメンターとの1対1のものしかないので,脈絡なく他の研究者やインターンと議論しに行くのはなかなか度胸が必要で,先人の方々が書かれているような,毎日活発に議論をできる環境を整えるのは容易ではありません.

——————————————————————————–
・北京での生活について

思っていたよりもずっと快適です.電車もバスも乗りやすいですし,オフィスは用意してもらえるアパートからそれほど遠くないので,徒歩や自転車でも行くことができます.言葉の問題は大きいですが,身振り手振りでなんとか伝わることもあり,日本人には筆談という最終手段も残されているので,今のところはそれほど困ったことはありません.

おいしい食べ物が多いですが,まれにハズレがあるので,最初のうちは他の人と一緒に行動して慣れるのが良いと思います.また総じて油が多いです.食生活の変化に影響されてか,お腹を壊す人が多いようです.私も一週目で壊しました.

また排水設備が悪く雨が降ると大変です.特に初日や最終日など荷物が多いときに雨が降ると悲惨なことになると思います.また雷も多いので,これらの天候が気になる人は夏を避けた方が良いかもしれません.

——————————————————————————–
・インターンに行こうか迷っている人に対して一言

迷う理由は人それぞれだと思いますが,もしも「インターンにも行きたいけど,同じかそれ以上にやりたいことが目の前にある」という理由で迷っていて,やりたいことがインターン期間後に始めるのでは遅すぎるという性質のものであればインターンよりもそちらを優先すべきだと私は思います.かなり言い過ぎですが,学生のうちは本気でインターンに行こうと思えば割といつでも行けるはずです.もちろん「今」行かないと経験できないことがたくさんあるのは事実ですが,後からインターンに行ったとしても,やっぱりそのときしか経験できない素敵なことがたくさんあるはずです.ただ,次の機会を得たときにも,目の前には別のやりたいことがあるかもしれない,という可能性だけは考えておいて欲しいです.

——————————————————————————–
・その他なんでも

これからMSRAに来る人へ.
そのうち状況が変わるかもしれませんが,空港から直接アパートに来る場合,ほとんどのタクシードライバーはMSRAからもらったアパートの地図を見せても分からないので,フロントの電話番号を手元に用意しておき,直接ドライバーに電話をしてもらうのが賢いやり方のようです.

——————————————————————————–
花岡さん、ありがとうございました。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中