Dr. Haixun Wangの東京訪問

先月、11月12日(金)にMSR AsiaのHaixun Wangが来日し、早稲田大学で開催されたWebDB2010に参加しました。

HaixunはUCLAでPh.D.を取った後、IBM Reseachでデータベースの研究を行い、昨年MSR Asiaに参加しました。MSR AsiaではWeb Search & Mining GroupのLead Researcherの一人として活躍しています。今年のSIGMODでは4本通しており、またKAISTで行われた” The First International Workshop on Semantic Web, Mobile Web, and Social Networks”でもCo-Chairを務めており、アカデミアとの連携にも非常に熱心です。

今回、WebDB2010では2日目の特別セッションの講演者として招待いただき、”Probase:  Building a Probabilistic Ontology from the Web”というタイトルの講演をいたしました。当日の資料はこちらからダウンロード可能です。

また今年のWebDBはUstreamでの同時放送など非常にチャレンジングな企画で、素晴らしい盛り上がりを見せました。オーガナイザーのご尽力に感謝申し上げます。またMSR的なハイライトとしては、元MSRAのインターンである相川さん(早稲田大学・山名研究室)のインターンの成果の一つである研究発表 ”Community QA Question Classification: Is the Asker Looking for Subjective Answers or Not?”が、見事「優秀論文賞」「学生奨励賞」を獲得したことです。相川さん、おめでとうございました。

IMG_0973

フォーラム終了後、東京大学、松尾研究室にも訪問、意見交換を行いました。松尾研のみなさま、お時間ありがとうございました!

IMG_0987

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中