情報爆発プロジェクトに関して、NIIとマイクロソフトがクラウド活用で連携

先週10月1日(金)に国立情報学研究所において、標記の共同アナウンスについて記者発表を行いました。国立情報学研究所およびマイクロソフトとの公式のアナウンスは、それぞれのホームページで掲載されています。

国立情報学研究所はこちら (

マイクロソフトはこちら(

マイクロソフトのビジネス全体がクラウドにシフトしていくなかで、アカデミアとの連携は非常に重要です。センサー、計測機器が多様化、高性能化し、大量のデータが利用可能になり、サイエンスがますますデータドリブンになっています。その大量のデータを効率的に処理するためのツールを提供し、サイエンスの発展に貢献したいということがマイクロソフトのモチベーションでもあります。今回はUSでのNSFとの連携に続き、US街では初めての連携を日本で発表できたことは非常に喜ばしいことです。

会見の中で、喜連川先生がこのようにおっしゃっていたのが印象的でした。サイエンス全体がパラダイムシフトをしていく中、クラウド・コンピューティングの利用は研究者にとって不可欠である。近い将来グラントの申請に必要な項目としてクラウド・コンピューティングのリソースを書かなければいけない時期が来るかもしれない。コンピュータ・サイエンスの領域の研究者は、他の分野の研究者に先行してそのような状況に対処していくことが求められるだろう。

多くのサイエンスの分野でクラウドが本格的に利用されるようになり、ファンディングのあり方もよりソフト中心への支援に変わっていってほしいと思います。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中