Microsoft Research Cambridge

MSRで2番目に古いラボがケンブリッジにあります。主な研究領域としては以下のものがあります。
 
computational science, computer-mediated living, innovation development, constraint reasoning, machine learning and perception, online services and advertising, programming, principles, tools, systems and networking
 
特にネットワークの研究に強く、Latencyの研究について、バルセロナのスーパーコンピュータセンターと共同で研究を行っています。Mobile+Cloudの世界では、多くのクライアントと巨大なデータセンターの間で同時にいろいろな処理を行わなければいけないため、Latencyの制御が重要になってきます。
 
所長のDr. Andrew HerbertがラボのOpen Dayで語ったインタビューがこちらで見ることができます。
 
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中