eScienceワークショップ

MSRの重要な取り組みの一つにeScienceがあります。Jim Grayによって提唱されたData-Intensive Scientific Discoveryがもとになっているイニシアチブです。今年のワークショップがUCBで行われます。現在Call For paper中なので、興味のある方は是非トライしてみてください。締め切りは5月28日です。Jim Grayと喜連川先生の出会いは電子情報通信学会のこちらのニューズレターで読むことができます。とてもいい話です。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中