MSR日本情報学研究賞 フライヤー制作

University Relationsで最も力を入れているプログラムの一つにMSR日本情報学研究賞があります。これはPh.D.を取って10年以内の若手研究者を顕彰し、賞金(400万円!)を差し上げようというプログラムで、昨年第1回をおこないました。ちなみに第1回の受賞者の方はこちらになります。いまプログラムのフライヤーを作成中で、受賞者の一人、神谷年洋先生(はこだて未来大学)にマイクロソフトの大手町テクノロジーセンターにお越しいただき、撮影を行いました。大手町テクノロジーセンターは、先端技術や企業向けソリューションの検証を行うための施設で、データセンターの職人技を感じさせるケーブリングもひとつの見所です。神谷先生も最初は緊張されていましたが、撮影が進むにつれてだんだん慣れてきて、かっこいいポーズを決めてくれました。フライヤーの完成が楽しみです。
 
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中