クリスマスレクチャー2009

これも昨年の話で恐縮ですが、MSRケンブリッジのチーフ・リサーチ・サイエンティストである、機械学習の第一人者のひとりクリストファー・ビショップがブリティッシュ・カウンシルが行っている第20回英国科学実験講座の講師として、昨年7月東京と大阪で講演を行いました。本家の英国王立協会のサイトはこちらになります。豊中市役所も訪問したみたいですね。当日の様子はマイコミジャーナルで記事になっています。また日経BPでインタビューを受けています。裏話として、講座の一つでsurfaceを使おうと頑張ったのですが、いろいろあって残念ながら断念しました。また私も東京と大阪の会場をそれぞれ見学しましたが、本質的な内容を一般の方にもわかりやすく様々な工夫をしていて、子供たちがとても元気よく参加していたのが印象的でした。こんな子供たちがたくさんいれば、コンピュータサイエンスの未来も明るいと思います。講義はサイエンスチャンネルで今も視聴可能です。
 
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中